« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

オカメインコツアー最終日〜血反吐吐く程ライブしたい〜

Image3

今頃、ツアー最終日のブログを更新しますよ。

 

未だにひしひしとツアーが楽しかったことに尾を引かれながら日々を過ごしています。
ツアー各地に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。

 
 

そう、最終日、東京はソールドアウトでした。
素晴らしく嬉しい、わいわい。

Image2_2

 
 

ツアーを終えて、言ったことが、

「もっとライブがしたい!」

でした。

楽しいってのが結論なんですが、ライブっていうのは演奏する方も、見てくれている方も、けっこうエネルギーがいる。
連日続くと、疲れて、もう嫌だ、お家帰りたい、って思ったりすることもあるでしょう(わかんないけど)。
でも、ライブしてる時、私は一番そういう気持ちすぐに忘れられる。
精神的に辛かったり、体力的にしんどかったりしても、やっぱりライブが始まると嫌でも「楽しい」と感じる。 

見てくれてるお客さんだって、精神的に嫌なことがあったりして気持ちが浮かない時もあるでしょう。

でもお客さんはそれでもライブに来てくれたりする。
それは「楽しみにしている」からだ。
前々からライブをチェックして、チケットを予約し、その日のその時間の予定を空けて、待ってくれているのよね。

自分も大好きなミュージシャンのライブを見る時はそうなのだからきっと同じ気持ちでいてくれてる方が沢山いると思う。

そんな風にして、嫌なことがあった日常を(いや、幸せなら尚良し)乗り越えながらライブハウスに足を運んで、ライブっていう音楽がくれる「非日常」を求めに来てくれてるのかと思うと、本当にその瞬間だけは見に来てくれたみんなを「非日常」に連れて行ってあげたいと思う。

その瞬間だけは嫌なことも忘れて、笑い飛ばせれられたり、下手な言葉かけられるよりもグッと来て素直に泣いてしまえるような空間を作りたいと思う。
そしてそれは自分にも当てはまることで、自分も歌うその瞬間は、みんなと同じように「非日常」にしたくて最高潮に楽しみたいと思ってる。

 

勿論、演奏の反省点や、あーもっとこうすればとかはありますけどね。
それはライブが終わった後の話です。
とにかくその場を一緒に楽しんでその瞬間を共有できたら、ってことに集中したい。

 

ライブはやればやるほど、その感覚が研ぎすまされていく気がしてて、だから今回のツアーで短期にばばばっとライブが続くと「もっとやりたい!まだいける!」って思って寂しくなるんですね。
死ぬ程のスケジュールでライブを組んで、血反吐もゲロも吐く程ライブやりたいです。

それでも私は多分ゲロ吐きながら、
「た、楽しいっす。もっとライブ、、、や、やりたい(死にかけても)」
て言うと思うな。

 
 

そんな岩崎愛のこれからのライブも、どうぞ皆さんよろしくね。

 
 

2013年04月15日(月) 東京下北沢 下北沢SHELTER
HOT STUFF Presents HOT STUFF POWER PUSH ! Vol.1「NEW TONE」
open 19:00 / start 19:30
Ticket : オールスタンディング¥2,000(税込/ドリンク代 別途¥500)
出演 : 岩崎愛 / 南壽あさ子 / ハナエ

 
 

2013年04月20日(土) 東京下北沢 風知空知
はせがわかおり企画「弾き語り一本勝負」
open 16:00 / start 17:00
Ticket : 前売り¥2500/当日¥3000(飲み物代別500円)
出演 : 岩崎愛/はせがわかおり

| | コメント (1)

オカメインコツアー5日目

Image7

さぁさぁ、オカメインコツアーも架橋に入りました。
仙台ライブで5本目を迎えました。

前日から前乗りしていた私は、仙台を満喫したのでした。
夜には牛タン、昼にはウナギ(うなぎも仙台って有名なの??めっちゃうまかったんですけど)。
まったく、幸せなツアーであります。

 

例のうなぎ。
Image2

 
 
ぺろり。
 
Image3    
 
 
お土産を物色するむとうもどきたち。
 
Image4_2
何故かお土産屋さんにこんな大きなのがあったのでした。
ちなみに帰ってお酒のつまみに、と、ささカマ買いました(オヤジ)。
 
 
 
ライブは2番手。
初めは緊張というか、様子を見ていた仙台のお客さんたちも、ライブの終盤になるとどこかほぐれた表情をみんな見せてくれたいたように感じられてとても嬉しかったです。
どうもありがとうございました。
 
北の方にライブはHINATABOCCOでは何回か来させてもらったりしてるんですが、岩崎愛としてはなかなかまだ来られていないので、今回ライブしに来られて良かった。
わざわざ気仙沼から来て下さった方もいて、気仙沼のゆるキャラの差し入れをくださいました。

ホヤぼーや。
かわゆす。
Image6_2
 
また来られるように頑張りますね。
 
 
 
アジカンのツアーに参加させてもらってた時も思いましたが、ツアーが終わるというのはいつも寂しいものなんだということがわかりました。
この6本のツアー、終わるの寂しいっす。
またこうやって、決まったメンツで決まったメンバーたちと一緒に各地で歌えることがあるならば嬉しいな。
そしてそん時も多分寂しいんやろな。
 
 
そんな寂しさをバネに今日、オカメインコツアー最終日は渋谷WWW。
嬉しいことにソールドアウトじゃないですか!
わいのわいのー。
 
このツアーの集大成を皆さんにお届けできたらば、とみんな思っております。
楽しもうぜー!!!
へいへーい!! 
 

| | コメント (1)

オカメインコツアー4日目

Image3_2

オカメインコツアー、後半にさしかかりました。
4日目は名古屋でございます。

 

大阪から車で名古屋までGOしまして、ついてすぐ腹ごしらえ。
名店で一番高いメニューをカッ食らう僕ら。

 

Image2

うまうまのはふはふでした。

 
 

入り時間まで時間があるということだったので、みんなでぶらぶら。
楽器屋や、タワレコへ。
はしゃぐ僕ら。

Image3_3


 
 

名古屋アポロシアター、この日は1番手でした。

Image21_3

実を言うと、リハの時からマリリン(マイギター)の調子が悪くて心配してたんですが、本番でその心配が的中しまして、マリリンご機嫌斜めな感じでございました。

でもね、本番中にも言いましたが、電気を通して大きい音で遠くにいるお客さんにも聴こえるようにしてるだけで、僕らはアコースティックセットみたいなもんなんだから生音だって別段平気なんです。
そして名古屋の皆さんが一緒に盛り上げてくれて、ホントに嬉しかった。
どうもありがとう。

 

そしてこの日のトリはSHISHAMOちゃんでした。
彼女たちは高校三年生で、ラスト制服でこのツアーをまわっています。
楽屋内の会話も可愛い。

そんな彼女たちのアンコール、この日の出演者が曲中にステージに謎の乱入をし、踊り狂うという楽しい応援をしたのでした。
エグザ○ル並のダンスを繰り広げました。笑

 
楽しかった☆
ありがとう、SHISHAMOちゃん。
 
 

 
そんな訳で、只今、仙台へ向かう車中の中、カタカタと更新中であります。
明日の仙台も楽しみだ。
毎日のように唄が歌えるのは幸せやな。
 
仙台の皆さん、よろしくだす!!!!
 
 
 
「オカメインコツアー」
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

オカメインコツアー3日目

Image3

さぁさぁ、オカメインコツアーも半分を終え、折り返し地点であります。
昨日は大阪セカンドラインでした。

Image2_2

地元ということでか、トリでした☆
最後まで残って聴いてくれた皆さん、どうもありがとうございました!!

 

地元ローカルCM話で楽屋で盛り上がり、そのままステージ上でも大阪のみんなに、

「とーれとっれ ぴーっちぴっち♪」

と、お客さんに投げかけると、

「かにりょーぉりぃー!!!」

と、大きな声で返してくれた皆さん。笑
(大阪以外の皆さんはさっぱりだと思いますが、大阪では定番CMなのです)

 

ALL RIGHTでもみんな大きな声で歌ってくれて、すごかったなぁ。
嬉しかったし、気持ちよかったです。
本当にありがとうございました。

 
リハ前に疲れを癒し合うおれたち。
 
Image1
 
キヨ兄、ミヤシーとおれの三人の波長もだいぶ良い感じになってきました。
このツアーでの打ち上げや、飲みでのバカ話、熱い話にもなかなか花を咲かせているので、その効果もあるのかもしれません。
 
 
 
昨日のライブ終わって、ホテルに帰って思ったんですが、
こうやってライブできるってめっちゃ幸せなことやなぁ、としみじみ。
もっとちゃんと来てくれてる人たちにありがとうを言えば良かったと思いました。
 
だって、僕らは聴いてくれる各地のお客さんたちがいないとライブは成り立たないんだから。
自分が家やスタジオで作った曲がこうやって沢山の人たちに聴いて知ってもらって初めて「音楽」になってる気がする。
 
しかもライブっていう生の、今の自分たちが呼吸しながら出した声や音を感じに来てくれてる人がいるなんて、ものすごい嬉しいことだ。
同じ曲でも、毎日歌っても、ライブの面白い所は、同じライブなんかひとつもないことだ。
毎日違う。
僕らのテンション、来てくれてるお客さん、その会場の空気、それだけで面白いくらい毎回ライブは違ったりする。
だから良いんだよな。
その会場にいる全員でライブって完成してるから、ホントにお客さんがいるから成り立ってるのです。
 
みんなのおかげで毎日歌えて楽しいです。
本当にありがとう。
 
 
そして大阪大好き、お好み焼き大好き。
うまうま。
 
Image4
 
 
そんな訳で、ツアーはまだまだ続くのです。
今日は名古屋、アポロシアターだべや!もうすぐリハであります。
へいへーい!!
 
 
「オカメインコツアー」
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

堺MEETING

Image2

 

堺MEETINGというイベントでライブでした!

 

大阪の堺というところでのイベント。
わたくしの故郷でございます。

故郷でこういうイベントが開かれて、招いてもらえることは本当に嬉しいです。

 

素晴らしいイベントでした。
ほどよくゆるく、手作り感もあり、ぬくもりを感じるステージ。
今回出ている出演者の方はわりかしパンクよりの方々が多く、私は異色のしっとり系な感じでした。
でも心はロックであります。
音楽のジャンルなんか関係ねーぜ、色んな音楽に、ライブに感動できればね。

 

文化祭みたいで、ホントに楽しかったな。
すごい雨降ってきたりしましたが、来てくれた皆さん、聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。

実家が近かったので父と母も見に来てくれました。
なんせ、セカイイチも出てたので、自分たちの子供のライブを見れてご満悦だったみたいです。笑

 
 

今回の堺MEETINGに出れるきっかけを作ってくれた私のまぶダチ。 
ファンダンゴの加藤さんとカシャ。

Image1

 
 

堺MEETING!!

Image3

 
 

また開催されるならば、呼んでもらえるように頑張りたいっす。
ありがとうございました。

 

そして、明日も大阪ライブだぜ。
大阪福島セカンドライン、オカメインコツアーは続くのだ!!!

 
 
 
 
「オカメインコツアー」
3/21(木) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

オカメインコツアー2日目

Image_7
宇都宮でした!
と言えば、ギョウザですよね。
ちゅーことで勿論、本番前にメンバーのみんなで餃子キメてきました。
みんみん、という所でガッツリ、ニンニクパワーメイクアップしてきました。
 
 
Image1
はしゃぐオレとキヨシ兄さん、保護者的なミヤシー兄さん。笑
良い写真です。
 
 
 
ここのメニューを見て驚いたな。
ホント、餃子とご飯しかメニューないんだから!
 
Image1_2  
 
かっこいいっす、その餃子だけで勝負してます感が。
そして餃子。
どーん。
 
Image2
 
 
 
 
 
腹一杯になった僕らの出番は一番手。
うまくみんなを始まりの気持ちにさせられたかが心配でしたが、気持ち良く歌えました。
 
聴いてくれた皆さん、どうもありがとう。
 
 
ヘブンズロック宇都宮VJ-2、入口にどーん。
Image3_2
良い所でした。
 
 
昨日から思ってるけど、対バンの皆さんがとても感じ良くて、嬉しい。
こうやっていろんな場所でいろんな人達と知り合えるのは嬉しいことです。
 
 
さて次のツアー場所は、大阪は我が愛しの故郷。
楽しみです。
 
あさっては堺ミーティングというイベントで少し大きい所で歌えます。
嬉しいなぁ。
堺市は生まれた場所なのです。
コテコテやで。
 
 
その次の日に、オカメインコツアーin大阪です。
2デイズ、大阪、待っててねん。
 
 
あでゅー!
 
 
 
 
2013年03月20日(水)
大阪堺市泉ヶ丘 ビッグアイ国際障害者交流センター
=SAKAI MEETING=

 

「オカメインコツアー」

3/17(日) 千葉LOOK
3/18(月) HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
3/21(木) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (1)

金髪の訳

ここ最近というか、二、三日前に髪を金髪にしたのです。

昔から一回はしときたいとも思ってたのですが、
少し違った理由がひとつありましてね。


まぁ別にこんなことブログに書くことでもないのかもしれないけど、
3/14にうちの実家で飼ってる猫が寿命尽きて亡くなりました。

私が小学校3年生から一緒にいた猫で、それはそれは長生きしてくれました。
えーと、18歳くらいかな。
人間の歳でいうと100歳越えていたらしいのです。
獣医の先生もなかなかここまで長生きする猫ちゃんはいないです、
と言って驚いていました。


小学生の頃にホームセンターの片隅にあるペットコーナーで子猫に混じって大きな猫が売られていました。
子猫じゃなくなったせいなのか、そいつは破格の値段で売られていました。

何よりその諦めに似たような、悟っているような表情に魅入ってしまった私はそのホームセンターへ行く度にその猫のショーケースの前でじーっと見つめ合ったのでした。
そして母にいつも、

「こいつ、うちが飼ってあげやな誰も飼ってくれへんかもしれへんし、可哀想や」

と言って、飼って飼って、とおねだりしたのでした。

勿論、母の答えはNOでした。
何度も頼んだけど駄目で、結局私はおこずかいを貯めて自分でそいつを買ったのでした。
根負けした母。という感じでした。

そんな始まりで一緒に子供の頃も、大人になってからも過ごした兄弟のような猫が死んでしまいまして、少なからず悲しいというか寂しいというか。
まだあまり実感もないのですが。

母からメールで、

「ブッチーが逝きました」

と、来た時に、グッとこらえてたものが一気に溢れてぶわぁーって泣いてしまった。
泣いて泣いて、悲しんでたら、母からメールがまた。

「生き返った!!笑」

先生に聞く所によると心臓が一度止まってからまた動き出すことはたまにあることらしい。
ブッチーの場合、心臓が強くて生命力があったためそういうことが起こったらしい。
しかし、そんあことあるんかいな、って笑ったな。笑

ううぅぅ。。。
と遠く離れた東京で一人泣いている私のことを放っておけず頑張ってくれたのかしら、と普段では思わないような人間に都合の良い考え方が思いつく程、なんだか嬉しいような切ないような気持ちになった。

そこから2日程、頑張って生きてくれたけど、先日亡くなりまして。

悲しいけれども、ブッチーが頑張ってくれた1度目の死の予行演習のおかげで、
ホントは安らかに逝きたいのに私が大いに泣いてしまうとまた戻ってきてしまうんじゃないかと思って1度目よりかは控えめに泣いた。笑

で、その3月14日に私は髪の色をブッチーの毛の色に染めたという訳です。
弔い、という訳であります。

| | コメント (1)

オカメインコツアー初日

Image

オカメインコ、昔飼っていました。
名前はキイちゃんでした。
可愛かったなぁ。。。




いや、そんなことはどうでもよくて、物凄く久々のブログ更新です。
これからはちょくちょく更新していこうと思います(という言葉をこのブログで何回ほざいたか)。

信じてみて、そして止まったらブログ更新しなさいよー、とクレームしてください。笑



そんな訳でオカメインコツアー、始まりましたー☆
今回のツアーは、写真を見てもらってわかる通り、カホンにアジカンのキヨシ兄さん、ペダルスチールにフォノトーンズの宮下兄さんの強力サポートで回らせてもらっています。


千葉から始まりまして、無事今日終えて来ました。
いやぁ、楽しかった。

千葉でのライブは1、2回くらいしかやったことなかったんですが、来てくれたお客さんが一緒に歌ってくれたり手拍子を自然にくれたりするのは物凄く嬉しかったです。
素人臭い感想ですが、お客さんのそういう楽しんでくれてると、目に見える温かさに演奏してる側はいつも嬉しく思うのです。

あたたかい、千葉。
ばーちー、きーすーです。

ホントにありがとうございました。


今日から始まったオカメインコツアー、明日は宇都宮です。
毎日唄が歌えるなんて幸せだ。
明日会えるみんなの顔を見ながら歌えるのを楽しみにしとります。



Image1




ないとぱぶ、るっく。
歴史を感じるイカしたハコで御座いました。



ではまた明日!!





「オカメインコツアー」

3/17(日) 千葉LOOK
3/18(月) HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
3/21(木) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (3)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »