« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年11月

涙の訳は

声をあげて猛烈に泣いてしまった。

僕の涙は怒りと悲しみに連動している。
ものすごく腹が立つと涙が出る。
だって哀しくもなるもの。

日常の些細なこと、よくある風景の一部に自分が出くわしただけなんですが、
今日はこんなことがありました。


終電はなくなってたのですが、深夜バスでまだ帰れたので、バスに乗り込みました。
ライブ帰りで、大きなギター、物販、お客さんからもらったプレゼント、自分のバッグを持って、まだ座席の奥の方が空いていたので、疲れた体を席に座らせ、通路の邪魔になってはいけないと思い、隣の座席に荷物をまとめた。

出発の時間になっても、なかなか出発せず、どんどんお客さんが乗り込んで来た。


「あ。もしかして立ってた方がよかったかな…」


と、おもった時にはもう遅くて、僕が三国志の本に夢中になってる顔をあげた時には、もう立てない程のお客さんが入っていました。
乗り込んだ時はまさかこんなに混むとは思っていなくて、しまったなぁ、と身動き取れない状態でいると、
一人のおじさんに、


「おい!お前それ膝にかかえろよ!座席2つも取ってんじゃねーよ!」


と、言われた。
そんな乱暴な言い方にカチンときて、


「膝にかかえられないですもん」


と、僕はぶっきらぼうに答えた。
すると、


「じゃぁ座るなよ!立って2人座らせろよ!」


この満杯の人の中、ギターと物販、手荷物を座席の外に出す余裕が何処にあるねん。
と、思い、


「この状況じゃ無理やろが」


と言うと、カブせ気味に、


「いいから膝に乗せろよ!お前のせいでみんなに迷惑かかってるんだよ!!」


と言われた。
無理矢理にギターを膝の上に置き、物販のカバンを顔とギターで挟み、お客さんからのプレゼントは床に、自分のバッグは頭にひっかけて、もの凄い状態になりながらもの凄い大きい声で、


「ほなここ誰か座れや!!!!!」


と、カッとなっておっさんを睨み返してしまった。


関わりたくない人たちは僕を怖がって誰も僕の隣に座ろうとしなかった。
(僕的にはそのおっさんに座ってもらって、ちゃんと決着をつけたかったのだが、そのおっさんが座るには遠かった)

何分かして、別のおじさんがスッと座ってくれて、


「大丈夫?荷物持つよ?」


と言って荷物を1つ持ってくださった。

どうして哀しい時に優しくされると猛烈に涙が出そうになるんでしょう。
その優しさに、涙を命一杯こらえて震える声で「ありがとう御座います」と言いました。


しばらくしてあるバス停で止まると、怒鳴ったおじさんは降りて行った。
すると、優しいおじさんが、


「こんなに近い所ならタクシーの方が早いのにね」


と言って僕に微笑んだ。
また泣きそうになった。


席がだいぶ空いて優しいおじさんは、別の席に座り直して、
「座り直した方が良いよ」と優しく言ってくれました。
嗚呼泣きそう。


しばらくして、降りる駅に到着し、降りようとした。
でも、通路が狭すぎて人にギターが引っかかってなかなか降りられなかった。

さっきの、僕とおっさんがもめてたこともみんな聞いてるし、何も言わなくてもそこにいた僕を見つめてる人たち全員の顔に、「早く降りろよ」「こんなデカイ荷物で乗るなよ」「あ、さっきもめてた子だ」「迷惑だな」「かわいそうに」とかもういろんな声が聞こえるかのような気がして、もうそれが嫌で嫌で急いでバスを降りた。

そして、バスを降りた瞬間に大泣きした。

荷物をたくさん持って乗った僕が悪いのか、それを座席に置いて座ってた僕が悪いのか、注意して来たおじさんの言い方が悪いのか、定員完全オーバー、時間もオーバーさせてまでお客さんを乗せた車掌さんが悪いのか、

何が、誰が悪かったのかわからなくって、最後のあの人たちの無言の顔がすごく嫌で悲しくて孤独で。
優しくしてくれたあのおじさん。
いろんな思いがプチンとなって。
泣いた。

で、何を思ったのか、バスの営業所に電話した。
別にクレームで怒って電話したんじゃない、ただ、こんなことがあって、こんな気持ちになってしまったことを穏やかに、何故か伝えたかった。笑
僕みたいな気持ちになる人が今後出ないように、んで自分もならないように。


奇跡的にその電話の方がもの凄く良い人で、泣きじゃくりながら話す僕の話を1からゆっくり聞いてくださり、「それは大変、嫌な思いをされましたね」と言ってくれた。

僕は今後、あのバスにはもうギターや大きい荷物を持って乗るのはやめることにしたし(電話の方は「大きい荷物を持っていても全然バスに乗って構わない」と言ってくれたが)、というかもう乗らないし、これからは荷物が多くて大変そうな人には後ろの出入り口を開けるように、その他のトラブルの点も車掌さんに指導する、と言って下さった。

でも、1つ心配になり、聞いた。


「今日のあのバスの運転手さんのこと、怒るんですか?」


と聞いたら、


「ええ、指導する点はしっかり指導致します」


と言ったので、


「あんまり怒ってあげないでください」


と泣き止んだばかりの鼻声で言ったら、
電話の方は大笑いして「ありがとう」と言ってくれた。


最終的にとても穏やかな気持ちになれた、不思議な出来事でした。笑

| | コメント (4)

かなり久々の

かなり久々の
ブログがほったらかし状態でした。
すいません。
どうしてもツイッターばっかりしちゃうな。笑


ちなみに写真は全く関係ないですが、海老沢タケヲ邸の猫ちゃんです。


先日の「岩崎愛のリビングルームvol.7」に来てくれた皆さん、ありがとう御座いました。
色んな意味でものすごいリビングルーム感を味わえたライブでありました。笑


ウェッティーこと高橋啓太くん、僕の兄の岩崎慧。
どちらもとても大切な友人であり家族であり、尊敬する人たちです。

ライブは本当に素敵でした。
お客さんもニコニコで、フワフワで暖かくて。

ライブに来てくれた人たちをいつもあんな空間にしてあげたいなぁ、
と心から思いました。


もっと伝わる曲を、盛り上がるライブを、共鳴できる唄を歌いたいなぁ。
頑張ります。

応援してね。ぷり。

次のライブも京都にてオトナモード高橋啓太くんとの2マン(ソールドアウトですが…)。

そしてこれまた同世代で大好きなミュージシャン、蜜との2マンが大阪であります。

11月22日(月)
大阪南堀江knave
出演:岩崎愛バンド/蜜
※岩崎愛×蜜限定スペシャルハンドタオル販売します!

関西での久々のバンドセットです。
楽しくさせますので来てねん。

東京に帰って来てもまたウェッティーとライブです!

11/29(月)
新宿RUIDO K4
出演:岩崎愛/オトナモード(高橋啓太)/and more…


寒い日は暖かな唄を歌います。
またライブハウスで会いましょう☆

| | コメント (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »