石巻→南三陸→気仙沼

4/28にアラバキロックフェスにHINATABOCCO(震災をきっかけに、ベーシスト日向和秀さん中心にミュージシャンが有志で集まったバンド。震災直後から私も参加させて頂いているバンドです)での参戦が決まっていたので、アラバキの前日に、
以前、震災間もない頃に被災地で炊き出しや、唄を歌わせてもらいに行った時にお世話になった方々に会いに行こう、という話になっていたので、私も参加させてもらいました。

GW前ということもあり、混むかもしれないということで26日の夜中に車で出発したんですが、思ったよりも早く着き過ぎてしまい時間を持て余した私たち。
せっかくだから、ということで色々な場所をまわってみることに。

 

石巻に到着して、石ノ森萬画館を見つける。

初めて行った時は、震災があって2ヶ月経ったくらいに訪れたのですが、本当に道がガタガタで、車移動も道なき道を行く感じでしたので大揺れだったし、石ノ森萬画館の近くの光景をもの凄く覚えています。
商店街に続く道も奇麗になってて、なんか感動したなぁ。

そんな訳でパシャリ。

Image10
the HIATUSのマサさん。似てます。

 
 

そこから初めて被災地で歌わせてもらった場所、湊小学校へ。
Image2  
多分もう使われてない。
校舎1階部分の入り口や窓は全部板で塞がれてた。
この右側にある体育館で歌わせてもらったなぁ。

 

その後、南三陸へ。

Image3
さんさん商店街。
プレハブですが、何件もお店があり、美味しそうな海鮮丼を扱うお店もありましたが、あまりにまだ朝早かったので飲食店はどこも開いてませんでした。笑

この中にあるお花屋さんでお花を買って次の場所へ行きました。

 

Image4
ここは元々防災対策庁舎だった所で、津波が来るギリギリまでここの職員の方々が無線で町の人に避難を呼びかけていたそうです。
庁舎内にはその時、30名の職員の方々いて、無事が確認されたのは8名だけだったそうです。
屋上のアンテナやフェンス、階段の手すりにつかまったそうですが、この建物の高さを超える津波が襲ってきた。

今では、この建物の前にお花とお線香を上げられるようになっていたので、お花を供えて手を合わせてきました。
この骨組みだけになった建物にすずめが巣をつくっていた。

 

海側を通って気仙沼へ。

Image6_2  
空が少し晴れてきて、海はとても奇麗だった。

 

海の近くまで行くと、わかめかな?何かの漁してる真っ最中でした。 
堤防?の上に立ってぱしゃり。
勿論だけど、まだ全てが片付いてる訳ではないみたいです。

Image5

 

14:00に当時お世話になった方のお宅に向かう。
津波で元あったお家は流されてしまったそうですが、新しく立派なお家を建てたようでした。

 
わかめ漁をしている方だったのですが、漁が始まるまでのこともそうだし、お家ががまた出来てこうやって笑えるようになるまで本当に大変だったし苦労した、と言っていました。
若い人たちがあの大変な時に、沢山物資を持って来てくれて、唄歌ってくれたりして、気持の面でもどれだけ嬉しかったことか。。。と、言ってくれて、その言葉になんだか救われました。
 
 
飲めや歌えやで、こんなご馳走を頂いてしまいました。
Image2_2
 
Image3_2    
酔っ払って歌いだす私たち。
 
 
その後、またも現地でお世話になった別の方に会いに車でホルモン屋さんへ向かう。
気仙沼の公民館みたいな所で当時歌わせてもらったり焼き鳥を焼いたりした。
そこの公民館のおじさんだ。
 
もうこの時既に、なかなかヘベレケだったので、もの凄く楽しかったことは覚えています。笑
気仙沼にホルモンが隠れ名物としてあることすら知らなかったなぁ。
美味しい海鮮物も、ホルモンも食べさせてもらって、何より、凄く皆さんお元気にしてて、くだらない話でも沢山笑い合えたことが本当に嬉しかった。
 
 
こうやってちょこちょこと、現地に足を運んで、どんどん変わって行く街の様子を見たり、当時繋がった人たちとまた話したりすることは凄く大切なことかもしれないなぁ、と思いました。
そして、そうやって見て来た人間が自分の住む街に帰って来て、色んな人たちに伝えることだなぁ、と思いました。
 
 
これからもまだまだあの場所は良くなっていくと思います。
全ての場所を見た訳ではないし、全てを把握している訳ではないけども。
少しずつ新しい建物も増えていって、道も奇麗になって。
お店も、漁業も再開して。
 
心から応援しています。
自分に何が出来るのか、わからないけども、それはずっと自分に問いかけていこうと思うし自分が見たもの、聞いたもの、感じたものは絶対忘れずに伝えていこうと思っています。
 
 
また会いに行きますね。

| | コメント (1)

わをん

かなり遅れてしまいましたが、4/21のわをんに来て下さった方、岩崎愛を聞いて下さった方ありがとうございました。

 

わをん、というイベントは「農業と音楽」がテーマ。
千葉の横田さんという農家の方のビニールハウスの中などを貸して頂いてそこにステージを組んで、ミュージシャンたちが音を奏でるのです。

イベント当日は、農家の方々が採れた野菜を使って色々料理して振る舞ってくれています。
4月と言えど、この日は雨が降り(去年の11月にも出させて頂きましたがその時も確か雨でした。笑)温度がグッと下がり、めちゃめちゃ寒かった!
なので、豚汁を炊き出ししてくれてたのはとても体が温まって美味しかったなぁ。

岩崎さんはビニールハウスの方でライブさせて頂いたんですが、ステージに向かう道中、イチゴが沢山なっているビニールハウスがありまして、いくらか払ってイチゴ狩りもできちゃうイベントなんだから本当に素敵(食べました)。

 

大きなステージからは少し離れた所にビニールハウスステージがあったんですが沢山の方がビニールハウスステージに足を運んで聴いて下さって嬉しかったです。

Image2_3

Image3_5

 

ビニールハウスで歌うなんて、なかなかでけへん経験をさせてもらいました。

このイベントはthe chef cooks meのボーカル、シモリョーさんにいつも誘ってもらっています。
シモちゃんは私のサポートでもいつも演奏してくれてて、去年に続き、今年も誘ってもらって嬉しかったです。
ありがとうシモちゃん!

 

今度は夏にわをんやらないのかな。
前回は確か11月だったかな。。。
なんか季節事の野菜が食べられる収穫祭みたいでめっちゃ良い!笑

 

今度は夏野菜を食べながら、みんなで音楽を聴きたいね。

 

Image8
自分のライブ後、ビールを飲んでご機嫌で牛にまたがる岩崎さん。

 

Image9
去年に続き、この可愛い手作りタイムテーブル!
かわいいぃぃ。

 

主催者でもあるthe chef cooks meが勿論トリを勤めたのですが、やっぱりめっちゃ良かったなぁ。
私はシェフの音楽が純粋に大好きです。
そんな人にサポートしてもらったり、一緒にレコーディングできたりするのは本当に嬉しいことだなぁ、と思います。

シモちゃんを見てると「僕も頑張ろ」って何故か思います。
そんな訳で頑張ります。

ぷー。

 
 

2013年05月07日(火) 神奈川 横浜B.B.ストリート
HAPPY TUESDAY PROJECT
open 19:00 / start 19:30
Ticket : 前売り¥2,800/ 当日¥3,300(飲み物代別500円)
出演 : PHONOTONES / 岩崎愛 / はいざらこうかん
チケットのご予約はこちら
上記フォームよりご予約頂き、会場の受付で「岩崎愛を見に来た○○(お名前)です」と言ってもらえれば、前売り料金で入場できます
2013年06月07日(金) 大阪 南堀江knave
〜knave 11th Anniversary〜 Gooood Vibrations Special Edition
open 18:30 / start 19:00
Ticket : 前売り¥2800/ 当日¥3000
出演 : 岩崎愛 / 関取花 / 南壽あさ子
チケット発売日:5月4日(土)
取り扱い:ぴあ / ローソン / eplus / knave店頭
お問合せ:knave 06-6535-0691(14:00〜23:00)
2013年06月19日(水) 熊本 熊本 DRUM Be-9 V1
NANO-MUGEN CIRCUIT 2013
open 17:30 / start 18:30
Ticket : オールスタンディング ¥4,500 (税込)
出演 : ASIAN KUNG-FU GENERATION / RADICAL DADS [from US] / 岩崎 愛 / NOWEARMAN

NANO-MUGEN CIRCUIT 2013オフィシャルサイトにて現在先行受付中!
受付期間:4/4(木)18:00〜4/15(月)23:00
NANO-MUGEN CIRCUIT 2013オフィシャルサイト
※整理番号付 ※ドリンク代別 ※3歳以上チケット必要
問い合わせ:BEA 092-712-4221

| | コメント (0)

はせがわかおりと岩崎愛

Image2

20日のライブに来てくれた皆さん、ありがとうございました!
かおりちゃんのイベントにお呼ばれして歌ってきました!

 

はせがわかおりちゃんとはかれこれ7、8年の仲で、数少ない同い年のシンガーソングライターです。
よくお互いの自宅にお泊まりし合ったりしている程仲が良いです。

 

この日の一番手は僕。
かおりちゃんが用意したSE(ステージへの入場曲)がなんとロッキーのテーマ。笑
というのもこの日のイベントタイトルは「弾き語り一本勝負」ということだったので戦い感を出すための演出だったんですが、どうもそのテーマソングで登場した私は不思議な感じで始まってしまい、終止MCでそのことに触れておりました。笑

 
 
二人で演奏するシーンもあり、このイベントで合計、「ロッキーのテーマソング」がかかったのはなんと4回。笑
関西人は何度も繰り返すお決まりの笑いが好きなのであります。
いやぁ、おもろかったなぁ。
 
 
Image3
 
かおりちゃん、リハちう。
 
 
 
また一緒に演りたいです、楽しかった。
この日、遠い所から来て下さったお客さんもいて、嬉しかった。
本当にありがとうございました。
風知空知という会場だったんですが、私もよくお世話になっていて、みんなゆっくり座ってお酒を飲んだり、ご飯を食べたりできる所でゆったりと音楽を聴いてもらえるので凄く私も大好きな場所なのです。
またあそこでライブやる際には皆様是非お越しを☆
 
 
Image4
必勝!笑

| | コメント (0)

怖い夢

私はとてもよく夢を見る。
たいていは、夢なので制御不能で内容は訳がわからないものがほとんどだが、今朝の夢はひと味違っていた。

怖すぎて、夢の中で絶叫していて、現実でも寝ながら声にならない声(奇声)をあげて、その声に自分で気付いて起きた程だ。
この抱えきれない恐ろしさからブログを書いている。笑

夢を見た当事者じゃないとわからない恐ろしさみたいなのはあるだろうから、みんなにはわかってもらえないかもしれないけど、この恐ろしさをみんなに頑張って分け与えてみようと思う(一人でそのことばっかり考えて怖かったから)。

 
 
 

まず、8畳くらいの(もう少し広かったかも)テーブルも何もないけれど、押し入れや天窓、床下収納等がある、窓のない和室に7人くらいでいる。
子供もいればおじさんもいるし、おばさん、若者もいた。
そんな中に私もいる。
ちなみに全然知らない人たちだ。

みんな普通に話したり、それぞれ自然な感じで部屋にいた。
私はその部屋の中のたった一人の子供の男の子と遊んでいた。

楽しかったのだけど、少し男の子が調子に乗り過ぎて、言うことを聞かなくなったり、ふざけていたりして、ほんの少しだけ心のどこかで「もうっ」と困っていた。

 

そういう中で、私は途中、何度かトイレに行きたくなるのです(夢の中でね)。
まず1回目、トイレに行きたくなった私は男の子との遊びを中断して、和室のフスマを開けてトイレへ向かう。

和室を出ると急に汚いライブハウスみたいな雰囲気で、一面黒い壁、トイレに続く短い廊下がある。
その短い廊下の突き当たりを左に曲がると一段だけの階段があり、そこから扉があるトイレの個室が右側に2つ待ち受けている。
 
Image2_2
 
下手な絵で申し訳ないけども、こんな感じです。

 

和室のふすまを閉めるとすぐに、廊下の突き当たりにおばあさんがいるのに気付く。
黒い服を着ていて、下を向いている。

「ザッ ザッ ザッ」

という、一定のリズムで乾いた音が響いている。
よく見ると、ホウキで床を掃いているようだ。
ボロボロになってあさっての方向に折れ曲がってしまったホウキの先は、こすりつけられて真っ黒になっている。

 

夢の中でもさすがに「不気味だなぁ」と思う私。
でもここは気にせず、普通に目の前を涼しい顔で通り過ぎてさっさと用を足そう、とスタスタと歩いてトイレまで向かう。

突き当たりまで来て通り過ぎる瞬間に、近くでちらりとおばあさんを見たけれど、うつむいてる上に背がとても低いので顔が全然見えない。
腰が曲がっていて、背中が出っ張って白髪のお団子頭だった。
魔女みたいな真っ黒のワンピースを着てボロボロのホウキでひたすら同じ所を掃いている。

「ザッ ザッ ザッ」

トイレの個室で用を足す間もその一定のリズムの音が聴こえてきてた。
手を洗い、普通にまた横を通り過ぎて和室に戻る。

何もなかったかのようにまた子供と遊ぶ。
遊んでると、さっきよりエスカレートした子供のいたずらが私を困らせる。
「こりゃこりゃ」
とたしなめるも、子供特有の楽しい時に見られがちな興奮状態にあり、笑って暴れて言うことをきいてくれない。

そんな中、二回目のトイレに私は向かう。

 

さっきと同じようにフスマを開けて、そこから続く廊下を歩く。
さっきと同じ所に、さっきと同じリズムでおばあさんがホウキで掃いている。

慣れたもの、という感じでスタスタとおばあさんの横を通り過ぎた。
左に曲がり、階段を一段登る。
右側にはトイレが2つ、左側には手を洗う蛇口と鏡。

手前にある個室に入った。

 

「ザッ ザッ ザッ」

 

おかしい。
リズムが早くなっている気がする。

 

「ザッザッザッザッザッ」

 

それだけじゃない。
近い。すぐそこまで近付いて来てるように音が大きく、早くなる。

何故かそれがもの凄く恐ろしくて、私は勢いよくトイレの扉を開けた。

 
 

その時、目に飛び込んで来たのは、鏡に映った自分の顔だった。
その顔が、今まで見たことない程の、人ではないくらいの醜い、恐ろしい顔で、猛烈に何かに対して激怒している自分の顔だった。
それを見た瞬間、何故か猛烈な怒りが沸き上がってきて、私はおばあさんも気にせず横切り、怒りに任せて走って和室に戻った。

勢いよく、バンッ!とふすまを開けたら、和室にいるみんながこっちを見た。
多分、自分が鏡で見た通りの恐ろしい顔をしてたのか、みんな固まってた。

私は何の迷いもなく、さっきまで可愛がっていた男の子に近付いて行って、首を絞めて殺そうとした。
それを見た周りの人たちは、叫び、ぎゃー!やら、やめろー!とか悲鳴が飛んで来た。

私は気が狂ったように男の子の首を絞め続けるのだけど、和室が一瞬静まり返る。

 

みんな同じようにしてフスマの方向を向いている。
静まりかえり、目を見開いて瞬きもせずに固まってしまっている。
その異様さに、首を絞める手を緩めながら、私もフスマの方へ振り返った。

 
「ザッ ザッ ザッ」
 
 
和室の中におばあさんが入って来ている。
そしておばあさんが、初めて顔を上げた。
 
 
もう思い出したくもない程、恐ろしい顔をしていた。
目なのか、穴が開いているのか、目がある場所は真っ黒でものすごく大きい(絵に描いてみんなに見せようかと思ったけどそれさえ恐ろしいのでやめとくことにする。。。)。
しわくちゃのガリガリで、口が開いたと思ったら、人じゃないような、高いのか低いのかもわからない大きな声で笑い出した。
 
それを見て、聞いた瞬間、和室のみんなはパニックに陥り、皆絶叫しながら逃げ惑っていた。
そして押し入れや、収納の中にみんな隠れてしまい、さっき起こした事件のせいなのか、私だけはどこにも入れてくれなかった。
 
恐ろしい顔をしたおばあさんが私に迫って来て、ぎゃーとか私は声にならない叫び声を上げながら逃げ惑う。
狭い部屋の中なので、すぐに捕まり、凄い力でおばあさんが私の顔を持って自分の顔を近付けてくる。
近くで見れば見る程、恐ろしい顔で、でも目は何故か閉じられない。
 
すると急に笑っていたおばあさんが、
 
「うう、うぁぁあぁあああ!!!!」
 
と取り乱し、視線が私の後ろに移った。
 
 
 

 
私も振り返る。
 
 

 
フスマが開いている。
 
 
 
 
 
 
開いたフスマから、自分の千倍ぐらい大きい自分の顔が無表情でこっちを見ていた。
 
 
それを見た瞬間、何故か私は、
 
 
「嗚呼、まただ。また繰り返されてしまう。」
 
 
と思う。
何故かそれがおばあさんの顔より、鏡で見た自分の恐ろしい顔よりも、何よりも怖くて、絶叫する。
 
 
 
その絶叫と共に起きたのでした。
謎だらけだったけど、最後のあれが何故か一番怖かった。
こんな夢を見たのは初めてなのに、何故「まただ」とデジャヴのように思ったのか。
 
その感じがリアルに起きてからも残っていて恐ろしくて。

 
みんなにちゃんと伝わったかな。
あー、怖かった。
 
 
 
 
 
2013年04月15日(月) 東京下北沢 下北沢SHELTER
HOT STUFF Presents HOT STUFF POWER PUSH ! Vol.1「NEW TONE」
open 19:00 / start 19:30
Ticket : オールスタンディング¥2,000(税込/ドリンク代 別途¥500)
出演 : 岩崎愛 / 南壽あさ子 / ハナエ

 
 

2013年04月20日(土) 東京下北沢 風知空知
はせがわかおり企画「弾き語り一本勝負」
open 16:00 / start 17:00
Ticket : 前売り¥2500/当日¥3000(飲み物代別500円)
出演 : 岩崎愛/はせがわかおり

| | コメント (2)

オカメインコツアー最終日〜血反吐吐く程ライブしたい〜

Image3

今頃、ツアー最終日のブログを更新しますよ。

 

未だにひしひしとツアーが楽しかったことに尾を引かれながら日々を過ごしています。
ツアー各地に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。

 
 

そう、最終日、東京はソールドアウトでした。
素晴らしく嬉しい、わいわい。

Image2_2

 
 

ツアーを終えて、言ったことが、

「もっとライブがしたい!」

でした。

楽しいってのが結論なんですが、ライブっていうのは演奏する方も、見てくれている方も、けっこうエネルギーがいる。
連日続くと、疲れて、もう嫌だ、お家帰りたい、って思ったりすることもあるでしょう(わかんないけど)。
でも、ライブしてる時、私は一番そういう気持ちすぐに忘れられる。
精神的に辛かったり、体力的にしんどかったりしても、やっぱりライブが始まると嫌でも「楽しい」と感じる。 

見てくれてるお客さんだって、精神的に嫌なことがあったりして気持ちが浮かない時もあるでしょう。

でもお客さんはそれでもライブに来てくれたりする。
それは「楽しみにしている」からだ。
前々からライブをチェックして、チケットを予約し、その日のその時間の予定を空けて、待ってくれているのよね。

自分も大好きなミュージシャンのライブを見る時はそうなのだからきっと同じ気持ちでいてくれてる方が沢山いると思う。

そんな風にして、嫌なことがあった日常を(いや、幸せなら尚良し)乗り越えながらライブハウスに足を運んで、ライブっていう音楽がくれる「非日常」を求めに来てくれてるのかと思うと、本当にその瞬間だけは見に来てくれたみんなを「非日常」に連れて行ってあげたいと思う。

その瞬間だけは嫌なことも忘れて、笑い飛ばせれられたり、下手な言葉かけられるよりもグッと来て素直に泣いてしまえるような空間を作りたいと思う。
そしてそれは自分にも当てはまることで、自分も歌うその瞬間は、みんなと同じように「非日常」にしたくて最高潮に楽しみたいと思ってる。

 

勿論、演奏の反省点や、あーもっとこうすればとかはありますけどね。
それはライブが終わった後の話です。
とにかくその場を一緒に楽しんでその瞬間を共有できたら、ってことに集中したい。

 

ライブはやればやるほど、その感覚が研ぎすまされていく気がしてて、だから今回のツアーで短期にばばばっとライブが続くと「もっとやりたい!まだいける!」って思って寂しくなるんですね。
死ぬ程のスケジュールでライブを組んで、血反吐もゲロも吐く程ライブやりたいです。

それでも私は多分ゲロ吐きながら、
「た、楽しいっす。もっとライブ、、、や、やりたい(死にかけても)」
て言うと思うな。

 
 

そんな岩崎愛のこれからのライブも、どうぞ皆さんよろしくね。

 
 

2013年04月15日(月) 東京下北沢 下北沢SHELTER
HOT STUFF Presents HOT STUFF POWER PUSH ! Vol.1「NEW TONE」
open 19:00 / start 19:30
Ticket : オールスタンディング¥2,000(税込/ドリンク代 別途¥500)
出演 : 岩崎愛 / 南壽あさ子 / ハナエ

 
 

2013年04月20日(土) 東京下北沢 風知空知
はせがわかおり企画「弾き語り一本勝負」
open 16:00 / start 17:00
Ticket : 前売り¥2500/当日¥3000(飲み物代別500円)
出演 : 岩崎愛/はせがわかおり

| | コメント (1)

オカメインコツアー5日目

Image7

さぁさぁ、オカメインコツアーも架橋に入りました。
仙台ライブで5本目を迎えました。

前日から前乗りしていた私は、仙台を満喫したのでした。
夜には牛タン、昼にはウナギ(うなぎも仙台って有名なの??めっちゃうまかったんですけど)。
まったく、幸せなツアーであります。

 

例のうなぎ。
Image2

 
 
ぺろり。
 
Image3    
 
 
お土産を物色するむとうもどきたち。
 
Image4_2
何故かお土産屋さんにこんな大きなのがあったのでした。
ちなみに帰ってお酒のつまみに、と、ささカマ買いました(オヤジ)。
 
 
 
ライブは2番手。
初めは緊張というか、様子を見ていた仙台のお客さんたちも、ライブの終盤になるとどこかほぐれた表情をみんな見せてくれたいたように感じられてとても嬉しかったです。
どうもありがとうございました。
 
北の方にライブはHINATABOCCOでは何回か来させてもらったりしてるんですが、岩崎愛としてはなかなかまだ来られていないので、今回ライブしに来られて良かった。
わざわざ気仙沼から来て下さった方もいて、気仙沼のゆるキャラの差し入れをくださいました。

ホヤぼーや。
かわゆす。
Image6_2
 
また来られるように頑張りますね。
 
 
 
アジカンのツアーに参加させてもらってた時も思いましたが、ツアーが終わるというのはいつも寂しいものなんだということがわかりました。
この6本のツアー、終わるの寂しいっす。
またこうやって、決まったメンツで決まったメンバーたちと一緒に各地で歌えることがあるならば嬉しいな。
そしてそん時も多分寂しいんやろな。
 
 
そんな寂しさをバネに今日、オカメインコツアー最終日は渋谷WWW。
嬉しいことにソールドアウトじゃないですか!
わいのわいのー。
 
このツアーの集大成を皆さんにお届けできたらば、とみんな思っております。
楽しもうぜー!!!
へいへーい!! 
 

| | コメント (1)

オカメインコツアー4日目

Image3_2

オカメインコツアー、後半にさしかかりました。
4日目は名古屋でございます。

 

大阪から車で名古屋までGOしまして、ついてすぐ腹ごしらえ。
名店で一番高いメニューをカッ食らう僕ら。

 

Image2

うまうまのはふはふでした。

 
 

入り時間まで時間があるということだったので、みんなでぶらぶら。
楽器屋や、タワレコへ。
はしゃぐ僕ら。

Image3_3


 
 

名古屋アポロシアター、この日は1番手でした。

Image21_3

実を言うと、リハの時からマリリン(マイギター)の調子が悪くて心配してたんですが、本番でその心配が的中しまして、マリリンご機嫌斜めな感じでございました。

でもね、本番中にも言いましたが、電気を通して大きい音で遠くにいるお客さんにも聴こえるようにしてるだけで、僕らはアコースティックセットみたいなもんなんだから生音だって別段平気なんです。
そして名古屋の皆さんが一緒に盛り上げてくれて、ホントに嬉しかった。
どうもありがとう。

 

そしてこの日のトリはSHISHAMOちゃんでした。
彼女たちは高校三年生で、ラスト制服でこのツアーをまわっています。
楽屋内の会話も可愛い。

そんな彼女たちのアンコール、この日の出演者が曲中にステージに謎の乱入をし、踊り狂うという楽しい応援をしたのでした。
エグザ○ル並のダンスを繰り広げました。笑

 
楽しかった☆
ありがとう、SHISHAMOちゃん。
 
 

 
そんな訳で、只今、仙台へ向かう車中の中、カタカタと更新中であります。
明日の仙台も楽しみだ。
毎日のように唄が歌えるのは幸せやな。
 
仙台の皆さん、よろしくだす!!!!
 
 
 
「オカメインコツアー」
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

オカメインコツアー3日目

Image3

さぁさぁ、オカメインコツアーも半分を終え、折り返し地点であります。
昨日は大阪セカンドラインでした。

Image2_2

地元ということでか、トリでした☆
最後まで残って聴いてくれた皆さん、どうもありがとうございました!!

 

地元ローカルCM話で楽屋で盛り上がり、そのままステージ上でも大阪のみんなに、

「とーれとっれ ぴーっちぴっち♪」

と、お客さんに投げかけると、

「かにりょーぉりぃー!!!」

と、大きな声で返してくれた皆さん。笑
(大阪以外の皆さんはさっぱりだと思いますが、大阪では定番CMなのです)

 

ALL RIGHTでもみんな大きな声で歌ってくれて、すごかったなぁ。
嬉しかったし、気持ちよかったです。
本当にありがとうございました。

 
リハ前に疲れを癒し合うおれたち。
 
Image1
 
キヨ兄、ミヤシーとおれの三人の波長もだいぶ良い感じになってきました。
このツアーでの打ち上げや、飲みでのバカ話、熱い話にもなかなか花を咲かせているので、その効果もあるのかもしれません。
 
 
 
昨日のライブ終わって、ホテルに帰って思ったんですが、
こうやってライブできるってめっちゃ幸せなことやなぁ、としみじみ。
もっとちゃんと来てくれてる人たちにありがとうを言えば良かったと思いました。
 
だって、僕らは聴いてくれる各地のお客さんたちがいないとライブは成り立たないんだから。
自分が家やスタジオで作った曲がこうやって沢山の人たちに聴いて知ってもらって初めて「音楽」になってる気がする。
 
しかもライブっていう生の、今の自分たちが呼吸しながら出した声や音を感じに来てくれてる人がいるなんて、ものすごい嬉しいことだ。
同じ曲でも、毎日歌っても、ライブの面白い所は、同じライブなんかひとつもないことだ。
毎日違う。
僕らのテンション、来てくれてるお客さん、その会場の空気、それだけで面白いくらい毎回ライブは違ったりする。
だから良いんだよな。
その会場にいる全員でライブって完成してるから、ホントにお客さんがいるから成り立ってるのです。
 
みんなのおかげで毎日歌えて楽しいです。
本当にありがとう。
 
 
そして大阪大好き、お好み焼き大好き。
うまうま。
 
Image4
 
 
そんな訳で、ツアーはまだまだ続くのです。
今日は名古屋、アポロシアターだべや!もうすぐリハであります。
へいへーい!!
 
 
「オカメインコツアー」
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

堺MEETING

Image2

 

堺MEETINGというイベントでライブでした!

 

大阪の堺というところでのイベント。
わたくしの故郷でございます。

故郷でこういうイベントが開かれて、招いてもらえることは本当に嬉しいです。

 

素晴らしいイベントでした。
ほどよくゆるく、手作り感もあり、ぬくもりを感じるステージ。
今回出ている出演者の方はわりかしパンクよりの方々が多く、私は異色のしっとり系な感じでした。
でも心はロックであります。
音楽のジャンルなんか関係ねーぜ、色んな音楽に、ライブに感動できればね。

 

文化祭みたいで、ホントに楽しかったな。
すごい雨降ってきたりしましたが、来てくれた皆さん、聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。

実家が近かったので父と母も見に来てくれました。
なんせ、セカイイチも出てたので、自分たちの子供のライブを見れてご満悦だったみたいです。笑

 
 

今回の堺MEETINGに出れるきっかけを作ってくれた私のまぶダチ。 
ファンダンゴの加藤さんとカシャ。

Image1

 
 

堺MEETING!!

Image3

 
 

また開催されるならば、呼んでもらえるように頑張りたいっす。
ありがとうございました。

 

そして、明日も大阪ライブだぜ。
大阪福島セカンドライン、オカメインコツアーは続くのだ!!!

 
 
 
 
「オカメインコツアー」
3/21(木) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (0)

オカメインコツアー2日目

Image_7
宇都宮でした!
と言えば、ギョウザですよね。
ちゅーことで勿論、本番前にメンバーのみんなで餃子キメてきました。
みんみん、という所でガッツリ、ニンニクパワーメイクアップしてきました。
 
 
Image1
はしゃぐオレとキヨシ兄さん、保護者的なミヤシー兄さん。笑
良い写真です。
 
 
 
ここのメニューを見て驚いたな。
ホント、餃子とご飯しかメニューないんだから!
 
Image1_2  
 
かっこいいっす、その餃子だけで勝負してます感が。
そして餃子。
どーん。
 
Image2
 
 
 
 
 
腹一杯になった僕らの出番は一番手。
うまくみんなを始まりの気持ちにさせられたかが心配でしたが、気持ち良く歌えました。
 
聴いてくれた皆さん、どうもありがとう。
 
 
ヘブンズロック宇都宮VJ-2、入口にどーん。
Image3_2
良い所でした。
 
 
昨日から思ってるけど、対バンの皆さんがとても感じ良くて、嬉しい。
こうやっていろんな場所でいろんな人達と知り合えるのは嬉しいことです。
 
 
さて次のツアー場所は、大阪は我が愛しの故郷。
楽しみです。
 
あさっては堺ミーティングというイベントで少し大きい所で歌えます。
嬉しいなぁ。
堺市は生まれた場所なのです。
コテコテやで。
 
 
その次の日に、オカメインコツアーin大阪です。
2デイズ、大阪、待っててねん。
 
 
あでゅー!
 
 
 
 
2013年03月20日(水)
大阪堺市泉ヶ丘 ビッグアイ国際障害者交流センター
=SAKAI MEETING=

 

「オカメインコツアー」

3/17(日) 千葉LOOK
3/18(月) HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
3/21(木) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
3/22(金) 名古屋APOLLO THEATER
3/25(月) 仙台MACANA
3/26(火) 渋谷WWW

| | コメント (1)

«金髪の訳